就業規則作成見直し、労務トラブルの解決、助成金申請のご相談は
名古屋中央社会保険労務士法人まで
久保労務コンサルタント

7つのサブ制度の目的

①実力資格制度
・従業員の実力を知ってもらう
・従業員に将来の挑戦課題を明示できる
 「長く働く価値がある、将来が楽しみな会社へ」

②目標面接制度
・半期の仕事目標・達成目標を明確にする
 「できるだけ頑張る」から「何をどこまで頑張るのか」へ
・ヤル気を高める
・目標志向の醸成

③執務態度制度
・規律性…気持ちの良い会社へ
・責任制…安心して取引のできる会社へ
・積極性…プラス志向の前向きな会社へ
・協調性…皆の力を感じる会社へ

④人事考課制度
・公正な評価 → 納得性を高める
・公平な評価 → 気持ちよく働ける環境を作る
・課題を見つける → 何を教育すべきかその対象を見つける
・長所をみつける → 良いところを見つける

⑤育成制度
・個人別課題への育成
→一人ずつの仕事振りに見合った個人教育により、ターゲットを絞った教育ができる
・職種別、レベル別育成
→職種別、レベル別に仕事ができる従業員を育てることができる

⑥能力活用制度
・昇格・降格  →実力度によりレベルにあったランク付けをする
・長所の活用  →より高い働き手として存分に働いてもらう
・長所を褒める →満足感とより高い意欲で次のステップに挑戦してもらう

⑦処遇制度
・評価に見合った支払い   →納得性を高める
・働きぶりに見合った支払い →頑張り具合を反映
・業績を正しく配分     →業績を基準に正しく分配し納得性を高める
・経営実態に見合った配分   →「無い袖は振れない」という事態を防ぐ

名古屋中央社会保険労務士法人 〒460-0008 名古屋市中区栄2-10-19 名古屋商工会議所ビル11階

Copyright(c)2017名古屋中央社会保険労務士法人 All Rights Reserved.